ヘーゼルカラコンを通販で買うならぜひ一度ご覧ください

カラコン歴が長い人はもうヘーゼル系のカラコンもバンバン使っていることと思いますが、まだカラコン歴が短いカラコン初心者の人や、これからカラコンを使ってみたいと思っている人は「ヘーゼル系カラコンって何?」と思っているかもしれません。
ヘーゼルというのは薄めのブラウンやイエロー、ベージュに似ている色でカラコンでは定番カラーのひとつです。
各メーカーからいろいろなヘーゼルカラコンが発売されていて、種類も多く選び方によって使い方の幅は広いです。
ナチュラルなハーフ系、派手目なハーフ系、学校でもばれない自然なカラコン・・・など選ぶカラコンによって使い分けできるのもヘーゼル系カラコンの特徴です。
特にハーフ系カラコンの中ではヘーゼルはグレーと並んで定番カラーのひとつです。

ヘーゼルカラコンは黒髪の人でも全然問題なく似合います。
黒髪の場合明るいヘーゼルよりもちょっと暗いヘーゼルの方が合うと思います。
あとは肌の色も関係してきます。
よく色素が薄いとか言われるような色白な人は明るめヘーゼルでもあまり違和感はありませんが、もともと肌が色黒な人や日焼けしている人はちょっとメイクを濃いめにしたり髪色を明るくしないと明るめのヘーゼルは合わないかもしれません。
そういう人は暗めのヘーゼルを選んでください。

あと、カラコンには度ありと度なしがありますが、自分に合った度がいくつなのかは眼科で測定してもらわないとわからないです。
度が強すぎるカラコンだとものがよく見えすぎて疲れやすかったりするので、最初は眼科で測定してもらった方がいいです。
BC(ベースカーブ)も自分ではわからないのでこれも眼科で測定してもらうしかありません。

レンズの含水率についてですが、含水率が高い方が付け心地が良さそうなイメージがあるかもしれませんが、実際にはそういうわけではないのです。
含水率が高いとレンズが柔らかいけど目が乾きやすい、含水率が低いとレンズが固いけど目が乾きにくいという特徴があります。
どちらが自分に合っているのかは実際に装着してみるまで分かりません。
もし今カラコンを使っていて「目がよく乾くなぁ・・・」と思っていたら含水率の低いカラコンに変えてみてください。
それだけでカラコン装着時の目の渇きが軽減されることもあります。

おすすめのヘーゼルカラコンや通販サイトについては下記のサイトで紹介されているので参考にしてください。
ヘーゼル系カラコン